スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ルービックキューブは踏破されたのか?

このブログを読んでいる皆さんは、ルービックキューブの総パターン数ぐらいは知っているでしょう。
今のところ
43252003274489856000通り(およそ4300京通り)
とされています。
計算方法も大体の方が知っていると思います。

センターは固定して考えます。
エッジとコーナーの位置はそれぞれ12!通りと8!通りです。ただしパリティがあるので全体を2分の1にします。
各位置での向きはエッジが2^11通り、コーナーは3^7通りです。
(最後の一つは自動的に決まるので計算に含めません。)
よって計算は
12!×8!×2^11×3^7÷2=43252003274489856000
となります。

さて、この4300京という数字。あまりに多すぎるので想像しにくいでしょう。
いったいいかほどのものなのでしょうか。

「全パターンの解法覚えたら最強じゃね?」というのはよく言われる話です。
では、実際に全部覚えてもらいましょう。

その覚えてもらう人は相当に頭の切れる人で、1秒に1パターン覚えられます。
その人には食事睡眠などが必要なく、24時間覚える作業に集中できます。
さらに、その人はキューブの全体の向きが違っても同じパターンだと認識できるので、覚えるパターン数を24分の1に減らせます。(同じ崩れ方でも、キューブの向きによって配色は24通り考えられます。)

一日は86400秒(60×60×24)です。一年は365日です。
これらの情報から考えると、この人が全パターンを覚え切るには
4.33×10^19(通り)÷24÷86400(秒)÷365(日)
≒5.72×10^10(年)
つまり、おおよそ572億年必要だということですね。
ちなみに言っておくと、地球が出来たのは約45億年前、宇宙ができたのは137億年前だそうです。

なにせこれだけ多いので、偶然に頼るだけでは生きているうちにはまず揃わないでしょうね。
逆にいえば、それだけ多い通り数からたった一つの正解を導き出すのに、たった10個そこそこの手順を駆使するだけでよいのです。
「解法」というのがいかに割のいいものであるか、という事もお分かり頂けるのではないでしょうか。

さて、ここ数年はスピードキュービングという、ルービックキューブを速く揃える競技が(これまでより比較的)流行っています。
沢山の人がキューブをすごいスピードで回しているわけです。今までに誰も作っていない状態など存在するのでしょうか。
これもちょっと計算してみましょう。

世界のキュービストの人口を、多めに見て10万人としましょう。
この10万人が、1秒に平均5回という高速回転を1日に3時間、つまり10800秒行い、これを年中やっているとします。
ルービックキューブができてから今まで30年です。スピードキュービングはここ10年ほどにできた競技ですので、期間は10年間としましょうか。

当然ルービックキューブを回しているのはキュービストだけではありません。
普通の人もキューブを回しますよね。
ルービックキューブブームというのもありましたので、次はその時期の事を考えましょう。
ブームがあったので、その時期に20億人がキューブを回したとします。
各人が一人あたり10000回回したと考えましょう。

そして、ブームの時期以外でもキューブを回していた人はいます。今回は、その人口を30年間でのべ20億人と考えます。
そして、その全ての人が平均2000回回したと仮定しましょうか。(3秒に1回回したら2000回で100分かかります。ほとんどの人はすぐ飽きると思いますが、大分多めに設定します。この値を大きく越える人は先程のキュービストの値の方に含めます。)

さて。
パターンに重複が全くなかったとして(有り得ませんが)これらを計算し、これまで人類が回した手数を調べましょう。

5(手)×10800(秒)×100000(人)×365(日)×10(年)+10000(手)×2000000000(人)+2000(手)×2000000000(人)
≒4.37×10^13(手)

つまり、ルービックキューブがこの世に生を受けてから(相当大きく見積もって)今までにおよそ43.7兆回回されているのですね。
そして、先程から何度も申し上げていますが、ルービックキューブの通り数は約4330京です。
4.33×10^19÷4.37×10^13≒9.90×10^6
つまり、人類は今までに、ルービックキューブの全体のおよそ100万分の1のパターンしか見たことがないのです。
いや、この値もそもそもの見積もりもかなり大きいですし、重複を全く考えていませんから、実際は何千万分の1かも知れません。

あれだけのブームが起こっても、我々はまだルービックキューブを100万分の1しか知らないのです。
そして、それは同時に、ルービックキューブにはまだ99.9999%の可能性が残っているという事でもあります。

DSC00926.jpg

私が今適当に崩したこの状態も、ほぼ確実に「誰も知らない状態」なわけです。
つまりこれも、ルービックキューブの、また一つの新たな可能性なのです。


(続きは読みたい人だけどうぞ。嫌な気分になっても知りません。)
続きを読む
スポンサーサイト
21 : 14 : 50 | 独白 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

来年あたりの方針っぽいもの

タイトル曖昧やな~。

来年っつーか来年度の話かも。


とりあえずですね、日常的な話はしないと思います。今もいうてほとんど無いですが。

キューブに関する話、講座、レポートなどを週1で定期的にやるというのを出来たらやろうかな~とか考えてますが、ネタがあるかどうかはわかりませんね~。
とりあえず現在、手順の覚え方に関する記事を書いていっています。
連載記事にして回数を稼ごうかなとかせこい考えもあります。

インタビュー企画とかね、面白そうですな。完全に俺得ですが。
まあそもそもこのブログが俺得だからいいのか。

HPとかも作りたいっていうか実際のところネタはかなりあるんですがね。
形を整えるのがめんどくさいというか。
このブログにしてみても、ブログパーツとかもほとんどつけてないですしね。
垂れ流していくのが僕には向いてる気がします。


まあ、まだどうなるかなんて分からないですけど。
21 : 09 : 23 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

近況的な?うーんなんだろ

お久しぶりです。

最近…テストぐらいかなあ。あった事といえば。

特にねえ、書くこともないんですよね。
まあ無いってのは半分嘘ですが。

実際のとこ、ネタ自体は多分ありました。
ですが、ネタというのはそれが起こった、もしくは考えついた瞬間に「更新ネタ」にしないと、それ以降に「更新ネタ」にするのはかなり難しいのです。
思い出しながらだと、人間の記憶はどうしても曖昧になりがちですからね。

まあ、大きい出来事は実際なかったですけど。



キューブ自体のモチベは結構ありますよ。年明けには大会も控えてますしね。

今回はstar君も来ますから、5月のリベンジをぜひとも果たしたいですね。
今度は負けないよー。

今回の目標は日本大会でwarizaさんの出した関西記録(11.41)を超えて、そしてあわよくばsub11での優勝です。
実際、可能性はあると思います。自信は…まああるかな?

自信ってのは作るもんですよ。
そして、自信がなかったら絶対にいい結果は出ません。
カラ元気でもいいのです。「自分は絶対できる、というかできない訳がない」と思い込むのです。
「自」分を「信」じるのではありません。まずは「自」分に「信」じこませるのです。
結果として「自」分を「信」じる事ができ、それがよい結果につながるのです。


何の話だったっけ。


あ、そう。

実は今日誕生日。
17 : 50 : 36 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

HATAMURA

Author:HATAMURA
京都大学在籍。1993年生まれ。
「充実した人生」が目標。
ルービックキューブを始めたのは'07年2月。

公式記録はこちら

解法やテクニックについて知りたい方はこちらへどうぞ。僕も運営に関わっているサイトです。
Cube Voyage

カウンターですがなにか?

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィードだとさ。

友達申請フォームなんかいるのかよ!

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。