スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

キュービストと仲良くなろう!![オンライン編]

どうも、HATAMURAですー。

指使いのほうは現在絶賛執筆中でございますのでまあ気長にお待ちくだされ。
今回は、「キュービストと仲良くなろう!!」と題して、キュービストと交流するための手助けみたいなものを書いてみます。
まだネットに顔を出したことが無い、どうすればいいのか分からない、何か怖い、という方々の参考になればと思います。



まず、交流することのメリットとは?

いろいろありますが、一番は「交流ができる」ということそのものだと思います。
趣味というのは、趣味そのものが楽しいのは勿論ですが、それを通じて他の人といろいろ交流ができるということが大きいと僕は思っています。
一人でやるのももちろん良いのですが、長続きさせるのは難しいですし、それでは正直趣味を楽しみきれてないと思います。
(まああくまで僕の個人的な意見ですので、賛同できない、という方はそれで構いません。あとそういう方はこの記事は読むだけ時間の無駄だと思います。)

また、上級者から直接テクニックを教わったりすることで、上達が早まるというメリットもあります。

あとデメリットは特に存在しない(と思います)ので、交流して損はないかと。


んでは。今回はまず手始めにオンライン編です。
ネットでキュービストと交流するためにはどうすればよいか?ということを順を追って書いてみます。



「キュービストと仲良くなろう!![オンライン編]」

①ハンドルネームを決める
まあネットといえばハンドルネームでしょう。最近はfacebookで本名垂れ流しだったりしますし、そうでなくてもキューブの大会に参加すると本名が公表されることになるので本名を隠し通すのはどうせ無理なのですが、一応多少の予防線にはなるでしょうし、本名を使わないことでカジュアルな感じになって交流がしやすくなると思います。
ハンドルネームはなんでも構いません。ただ、他のキュービストと被らないようにすることには注意したほうがいいと思います。
あと、ハンドルネームを本名をもじったものにしておくと、将来的に大会に出たときなどに本名とハンドルネームが一致させやすくなり、声を掛けられやすくなるかもしれません。

②JRCAの「自己紹介カテゴリ」に投稿する
JRCAでの交流もすっかり下火になりましたが、新しい書き込みがあれば皆ちゃんと見てます。僕も見てます。
一度書き込んでおいて損は無いでしょう。とりあえず名前を認知させることは重要です。


③twitterアカウントを作る
キュービストの交流は、最近は専らtwitter上で行われます。交流するならぜひtwitterをやりましょう。
(ただ、ツイ廃にはならない様注意したほうがいいと思います・・・)
ここで、twitterでキュービストと交流するためのコツをお教えしておきます。
1)bio(プロフィール欄)に書く事
bioには、
・「スピードキューブやってます」的なこと
・キューブ歴(何ヶ月です、とは書かず始めた時期を書けば更新する手間がなくていいかも?)
・現在の自己ベスト(特に3x3のアベレージPBは必須)
・住んでいる地域
・年齢(おおよそでもOK、無くてもいい)
などを書いておくとよいでしょう。これらを書いておけばフォローされやすくなりますし、他のキュービストと交流する際に、何かしらの話のネタになります。相手の情報を知っておけばこちら側としても何かと話しかけやすくなりますので。

2)キュービストを沢山フォローする
有名なキュービストは大体twitterをやっています。「スピードキューブ」などそれっぽいワードで検索すれば何人かは出てくるでしょう。
それから人にもよりますが、キュービストの「フォローされている人」をどんどん辿っていけばキュービストは何人でも出てくると思います。
探してどんどんフォローしちゃいましょう。フォローしましたという通知は大抵相手に行くので、それで気づいてフォローを返してくれることもあります。
ここで、フォローを返してもらうためのコツがあります。

3)スピードキューブ関連の事を多くつぶやく
人にもよりますが、キューブ関連の事をそこそこの頻度で呟いていないと、フォローされてもフォローを返さない場合が多いです。
計測タイムを始め、購入したキューブのことや、キューブをやっていて感じたことなど、とにかく日常的に呟いていきましょう。
こうすれば、有名なキュービストもフォローを返してくれるはずです。
すでにtwitterで日常のことばかり呟いているという方は、キューブ専用のアカウントをつくるのもありだと思います。今時複数アカウント持ちはわりと普通ですからね。

4)積極的に話題についていく
キューブクラスタ(キューブをしている人のアカウントの集団のことです)は、なんだか知りませんが独特の空気感があります。
誰かが一つ話題を提供すると、それに追随して関連することを他の人がどんどんつぶやいていきます。
その時に自分もその話題についていくのです。自分もそれ関連のことをつぶやくとか、わからないことを質問するとか。積極的にいきましょう。
鬱陶しく思われないか心配するかもしれませんが、(少なくとも最初のうちは)それはないと断言できます。基本的にどの人も新参の方は歓迎してくれますし、質問なども答えてくれます。むしろ、基本的には新参の人のことは(乱暴な言い方になりますが)誰も何とも思っていませんので、こちらから話しかけていかないと何か起こるはずがないのです。向こうに何か期待するほうが正直間違っています。少し勇気がいるのは確かですが、それさえ乗り越えればそこからは一気に楽しくなってくるはずです。


こんな感じでtwitterをすれば、あなたもきっと素敵なキューブクラスタライフを楽しめるでしょう。

④キューブに関して質問をする
まあこの質問というのもtwitter上ですることになると思いますが、一応別に分けておきます。
交流の大きな部分としてやはり「教えてもらう」というのがあります。自分が気になる部分はどんどん質問していきましょう。
ただ、質問の仕方もいくつかポイントがあります。主に、質問がうざがられないように、かつ確実に的確に答えてもらえるようにするためのポイントです。
初心者は積極的にいくべきだと言いましたが、闇雲に質問するだけでは鬱陶しいだけですし、望む答えは返ってきにくいです。どうせ質問するなら、互いが不快にならないようにしましょう。
特に、テクニックに関する質問は次の点に注意です。
1)自分のレベルをはっきりさせておく
最初に「今○○秒ぐらいなのですが」と断るなどして、自分がどのぐらいのレベルなのかなるべく詳しく書いておきましょう。それによって回答が異なってきます。
2)「何が」「どうなのか」「どうしたいのか」をはっきり書く
単純に「どうしたらはやくなれますか」と聞きたくなるのもわかりますが、そこはぐっとこらえて教えて欲しい内容をできるだけ大きくしすぎないよう書きましょう。質問の内容はできるだけ絞るのがポイントです。いろいろ聞きたかったら何回かにわけて質問するなどしたほうがいいかもしれません。
質問を具体的にするほど、回答も具体的になります。そのほうが双方にとってイライラせず良いと思います。

また、情報に関するものなら以下の点には特に注意しましょう。
3)客観的なことを聞きたいのか、主観的なことを聞きたいのかハッキリさせる
例えばキューブの性能なんかは主観に偏るものが多いので、質問しても「主観的なことしか答えられない」と言われる場合があります。
客観的なことを聞きたいなら回答が主観に偏らないように質問を工夫する、主観的なことを聞きたいなら「主観的なことでいいので教えて欲しい」と書いておくなどしましょう。

あと、全ての質問に共通することとして
4)なるべく具体的に書く
さっきまでずっと書いてたことですが、結局これに尽きます。具体的に書くことで、回答する側も答えやすくなります。
5)礼儀正しくする
当たり前のことですが、いきなり質問する時はなるべく「突然ですが」を、回答をもらった後は「ありがとうございます」をしっかり書く。
それから、回答が返ってこなかったかと言って怒らないことです。ダメで元々なのですから、回答する側にあまり期待はしない方がよいです。

これらをふまえて質問の悪い例と良い例を見てみましょう。
悪い例:
「どうしたら早くなれますか、教えてください」
「Zhanchiってどんなキューブなんですか?GuHong+よりいいんですか?」
「目隠しのやり方を教えてください」

悪い例というか、答える側として非常に答えにくい質問の例ですね。こういうのが来るとつい無視したくなります。気持ちは分かるんですけどね・・・
特に2つ目の質問はここ最近でキュービスト達を困らせている悪名高い質問なので、ホント勘弁してください。

良い例:
「はじめまして、突然ですが質問させてもらいます。現在3x3x3のタイムは30秒ちょっと位です。F2Lが遅くて困ってるのですが、F2Lを速くするコツなどありますか?」
「質問です。GuHong+とZhanChiはどのような違いがありますか?○○さんの主観でいいので教えてください。」
「突然ですが失礼します。3x3x3の目隠しの解法を解説しているサイトで、○○さんのおすすめはありませんか?できれば日本語のサイトがいいです。」

これでも正直問いとしては答えづらい方なのですが、先ほどの例に比べれば大分マシになりましたかね。違いをよく見比べてください。

まあともかく、質問する時は多少なりとも気を使いましょうね、ということです。




こんなもんですかねえ。参考になれば幸いです。

今度はオフライン編を書くかも?
スポンサーサイト
01 : 02 : 10 | キューブ情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アジア大会について | ホーム | 「4x4x4で60秒が切れない方へのアドバイス」 by Morooka>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://thereishatamuland.blog34.fc2.com/tb.php/278-2e7f46e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

HATAMURA

Author:HATAMURA
京都大学在籍。1993年生まれ。
「充実した人生」が目標。
ルービックキューブを始めたのは'07年2月。

公式記録はこちら

解法やテクニックについて知りたい方はこちらへどうぞ。僕も運営に関わっているサイトです。
Cube Voyage

カウンターですがなにか?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィードだとさ。

友達申請フォームなんかいるのかよ!

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。