スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ルービックキューブ ver2.0 レビュー

先日、「ルービックキューブ ver2.0」が発売されました。

というわけでさっそく購入してきましたので、レビューを行ってみます。

といっても、このブログはレビューサイトではござらんので細かい説明とかは省きますよ。
その辺はggrksと言わせていただきます。
まあこの辺でも見といてくだされ。
http://rubikcube.jp/feature/rubiks_renewal.html


写真 2013-02-24 16 37 19


写真 2013-02-24 16 38 56
パッケージには「THE KING OF PUZZLES」の文字が。
「世界基準配色」の表示も見えます。

写真 2013-02-24 16 39 13
ver2.0のラベルも貼ってあります。

写真 2013-02-24 16 40 29
説明書はLBL法になっています。わりと前からなっていたそうですが。

写真 2013-02-25 14 54 21
ステッカーからタイルに変わったのですが、タイルは上から貼ってあるのではなく埋め込み式になっているので、取り外すのはかなり大変そうです。無理に外して跡がつくのも嫌なので、私は諦めました。

さて、これを分解してみようと思ったのですが・・・分解出来ない!
硬い上に広げまくってもなぜか分解できません。
友人にも協力してもらって奮闘すること小一時間、なんとか分解できました。
写真 2013-02-22 18 12 49

一応の分解方法としては、45度回転させた後一人が両手で左右にコーナーを広げ、もう一人が隙間に細い板状のもの(今回は細い定規を使いました)を突っ込んでエッジを押し上げるという感じです。かなり力と気力と時間がいります。
定規は折れる危険があるのでマイナスドライバーなどの方がいいと思います。
何にせよパーツの破損などの可能性もあるので自己責任でお願いします。

写真 2013-02-25 14 56 39
自己責任でお願いします。

余談ですが、この間にセンターが柔らかくなった気がしますw

写真 2013-02-22 18 14 10
エッジとコーナーはこんな感じです。出っ張りはどちらも大きめですね。

写真 2013-02-23 0 00 11
見づらいですが、コーナー部にもPOPを防ぐ出っ張りがあります。
分解しようとしてできなかった方は、この出っ張りに引っかかっていたものと考えられます。
私はこれを力押しで外しました(笑)
うまい分解方法があったら教えて頂きたいです。

見たところセンターコアも2つに分解できるみたいですので、がんばって分解してみました。
ツメが4箇所についているので、取り外しに苦労しました・・・

写真 2013-02-22 23 48 54
ビスを使わない構造になっています。これにより回転の固さを統一することにも成功しているようです。
また、パーツの接合にツメを使うことで組立ては簡単かつ分解が難しい構造になっているようですね。

それから、センターの蓋の切れ目が見当たりませんでした(しっかりと確認したわけではないですが)。これも分解には苦労しそうだったのでやめておきました。
物好きな方は試してみるといいかもしれません。

組み直しもかなり大変でした。何せかなり硬い上にパーツの出っ張りが非常に大きいので。
最後のエッジは面を回転させながら入れるとうまくいきました。エッジの出っ張りを入る所のエッジとセンターの隙間からねじ込むイメージで。
伝わりにくくてすいません。

動画撮ろうかとも思いましたが、もう既に組み直してしまった上に作業がかなり大変だったので再び分解する気はもうありません…
もしかしたら新しくもう一個買って今のものを分解用にするかもしれませんが、やる気が出ないので今のところその辺の予定はありません。





さて、中身のレビューです。
とりあえず「キューブ」としてのレビューから。

まず回し心地なんですが・・・とにかく固い!昔の潤滑剤まったく入れてないルービックキューブのレベルです。
しかも、潤滑剤をいれてもそこまで変わりません。どうやら非常にバネが固いようです。
ただ、コーナーカッティングは以前に比べて確実に甘くなったと思います。センターさえ緩ければかなり回しやすくなりそうです。
バネを柔らかいものに替えるとか、センターの回転部だけどうにか取り出して通常のコアに取り付けたりっていう改造なんかしてみるといいかもしれません。生憎私には技術も工具も無いので無理ですが。
あと、配色が固定になったのも痛いですね。タイルなので配色の変更はおろか、青から水色に変えるなどといった変更もできなくなりましたし。
(海外配色になった事については私はあまりやいのやいの言うつもりはありません。
その辺に意見がある方はこちらのJRCAトピックに書き込んではいかがでしょう。)

ともかく、スピードを目指す方にはあまりお勧めはできませんね。スピード面で言うなら、POPがあっても工夫次第で軽く柔らかくできた前バージョンの方がある意味優れているとさえ言えるかもしれません。
まあ大人しくDaYan買っとけという事で。





さて、続いて「おもちゃ」という観点でのレビューです。

以前のルービックキューブは、回したり保管しているうちにステッカーが剥がれたり擦り切れたり、あるいは退色したりという事がよくありました。
この問題はタイル仕様にすることにより改善されています。
また、以前の構造だと回している間にパーツが取れてしまう事もありましたが、これも新構造によりほぼなくなったと言えます。意図的に分解する事さえほぼ不可能なレベルになっているのも、不正ができないという風に考えればパズル的には素晴らしいものです。
それから引っかかりが減ったのも、遊ぶ時の快適さを考えれば良い事だと思います。
回転の重さには多少難ありですが以前から同じようなものでしたし、変に回転しないと考えればプラスなのでここはまあよしとしましょう。

このようにおもちゃとして考えてみると、耐久性や快適さといった面は確実に性能アップしていますし、かなり理想に近づいたと言えるのではないでしょうか。
多分スピードに向かない仕様にしたのも、「スピード目指す人は使わなくていいよ」というRubik's公式の考え方なのだと思います。
その上で、「パズル玩具」として楽しむための性能ー耐久性や引っかかりの少なさなど-の強化を行ったのでしょう。そういう観点から見れば、これが一つの完成系ではないかと思える程には改良されています。

まとめれば、「スピードキューブには全く向かないが、おもちゃとしては素晴らしい」という事ですね。
我々からすれば必ずしも望ましいバージョンアップであるとは言えませんが、公式側はあくまで広く一般に販売するおもちゃとして製造を行っている、というのを認める他はないでしょう。
むしろこれを「お前らは別に使わなくていいよ」という事だと捉え、SCK的なものが発売されるまでは我々は堂々とスピードキューブ用のパチモンをプッシュしていきましょう(笑)


スポンサーサイト
00 : 05 : 12 | キューブ情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本大会について | ホーム | 大会前にやっておきたい10のこと>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://thereishatamuland.blog34.fc2.com/tb.php/291-7de1679c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

HATAMURA

Author:HATAMURA
京都大学在籍。1993年生まれ。
「充実した人生」が目標。
ルービックキューブを始めたのは'07年2月。

公式記録はこちら

解法やテクニックについて知りたい方はこちらへどうぞ。僕も運営に関わっているサイトです。
Cube Voyage

カウンターですがなにか?

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィードだとさ。

友達申請フォームなんかいるのかよ!

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。