スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

csTimerを用いた3x3区間タイムの計測とその結果に関する考察

どうも、HATAMURAです。

皆さんはPCでタイムを計測するとき、タイマーは何を使っていますでしょうか?
計測ツールはqqTimer、PPT(Prisma Puzzle Timer)、CCT(Cal Cube Timer)などが有名ですが、最近これらとは違う新たなタイマーが話題になっています。
それがcsTimerhttp://www.cstimer.net/timer.php)です。

今回はcsTimerについての簡単な説明、そしてcsTimerの機能を使ったちょっとした考察を行ってみたいとおもいます。



☆csTimerの使い方

まずは上のサイトにアクセスしてみましょう。
最初はテキストしか表示されませんが、少し待つとこのような画面が表示されます。
(背景色やフォントはランダムで設定されるようです。後で変更可能です)

csTimer02.png

まあ読みたければ読めばいいですし、めんどければ下のOKを押しましょう。
するとこのような画面になります。

csTimer01.png

あとは他のタイマーと同じです。スペースキーでタイマースタート・ストップができます。
スタートの時は、スタックタイマーと同じようにしばらく押しっぱなしにしないとスタートしませんので注意しましょう。
csTimer03.png


スクランブルなどは無いのでしょうか?
いえいえ、もちろんそれらの機能もあります。

画面左上にカーソルを移動させてみましょう。
するとこのような表示が現れます。
csTimer04.png

右上の「SCRAMBLE」をクリックすれば、スクランブルが表示されます。
他にも、
OPTION→各種の設定
LIST TIMES→タイムの履歴の表示
TOOLS→各種ツールの表示
csTimer→csTimerの機能や使い方を見る(英語)

ができます。


僕はだいたいいつもこんな感じで使っています。
csTimer05.png


記録を保存したいときは、LIST TIMESやTOOLSのstatisticsで、アベレージなどをクリックすればテキスト形式のSummaryが表示されます。
csTimer06.png

これをコピーして、メモ帳やエクセルにペーストして保存することが可能です。




☆csTimerはここが便利

自分は現在、タイマーツールではcsTimerを強くオススメしています。
理由はいくつかあります。

・他のタイマーにある機能のほとんどが使える
CCTの「アベレージ推移の表示」、PPTの「タイムのヒストグラム表示」、qqtimerの「ベストアベレージのsummary表示」、他にも3x3x3subsetやクロス解答表示、果てはinsertionfinderまで、とても沢山の機能が入っています。
全てを説明することはできませんが、とにかく沢山あります。ここまで高機能なタイマーは他にありません。

・機能の表示/非表示の切換えが可能
他のタイマーだとスクランブル状態やアベレージが強制表示だったりするのですが、このcsTimerはほぼ全ての機能の表示/非表示が個別に設定可能です。
「BLDだからスクランブル状態見たくないんだけどなー」
「記録更新出来るかもと思うと緊張するから平均は表示しないで欲しい」
などといったニーズにも対応しているのです!

・タブレットやスマートフォンでも使える
なんと、最近流行りのタッチ型デバイスにも対応しています。外出先でも簡単に使用できます!
ただ、使えない機種もあるっぽいです。iPadとiPhone、それからandroidの一部機種ではおおむね正常に動作することを確認しています。
またiOSデバイスでは、ページを「ホーム画面に表示」させるとその後インターネットに接続されていなくても使用可能です!
csTImer07.jpg

こんな感じでけっこう快適に使用できます。
ただ何故か設定が保存できないのと、普通にタイマーアプリがいろいろあるのでそちらを使えばいいと思います。
iOS用タイマーアプリに関してはまた別に特集しようかと思います。個人的にはChaoTimerがオススメです。


といった感じで、とにかく便利なのです。
ぜひ一度お試しあれ。




ということで、今は3x3の計測はこのcsTimerでやっています。3x3以外は記録が自動で残るPPTを使うことが多いですが。

ところで、csTimerにはmulti-phase timingという機能があります。
要するにラップタイムを計測する機能で、事前に回数を指定して、その回数ぶんラップタイムを計測できます。この機能を利用すると、キューブの区間ごとのタイムを計測できるのです。
例えば回数を3回に設定しておいて、5x5のセンター~エッジ~3x3パートのそれぞれのタイムを測る、ということもできます。
自分のソルブについて分析するのに非常に便利です。

区間ごとにタイムを測ることに関してはこちらの記事も参考にどうぞ。
スピードキューブ上達のヒント - Cube Voyage

今回私は、3x3のタイムを「クロスまで~F2Lまで~完成まで」の3つに分けて計測してみました。
結果がこちらです。33回で終わっているのは飽きたからです。
csTimer09.png


代表値だけ抜き出すとこんな感じです。
csTimer08.png


さて、ここで少し統計のお勉強をしましょう。といっても僕自身もあまり詳しくないので間違ってるところもあると思いますが。
高校生以下の人は数学Ⅰ「データの分析」のお勉強だと思って読んでみましょう!

標準偏差(Standard Deviation:キューブ界では「SD」もしくは「σ」(シグマ)と表すことが多い)とは、ごく簡単にいえば「データが平均してどれくらい平均からぶれているか」を示します。
SDが1だった場合、平均して±1秒くらいブレる・・・というわけではないのですが、標準偏差という値を考えて、他のデータの標準偏差と比較することで、データのばらつき具合を比較することができます。

3x3x3の中~上級者(平均20秒弱くらい?)だと、SDが1を切るとかなり安定しており、また逆に2を超えるとかなり不安定であると言われています。
ただしこれは多くのデータを比較した結果できた目安であり、数値に根拠はありません。あくまで目安です。
また、タイムが大きいとそれに従って標準偏差も自然と大きくなります。平均が20秒の人と40秒の人の標準偏差を比較してもあまり意味がないということです。


平均値が異なるデータ同士のばらつきを比較するための値として、変動係数というのがあります。
これは「標準偏差÷平均」で求められる値で、平均に対する「ばらつきの割合」をおおむね表すことになります。
これだと、平均値が大きく異なる値同士のばらつきを比較することができます。


さて、データに戻ってみましょう。
csTimer08.png
まず各値の平均はクロスが1.66秒、F2Lが5.75秒、LLが3.89秒、合計で11.31秒となっています。
平均10秒を目指す場合、タイマーを押す時間を考えてもここから合計1秒程度は削らないといけないわけですから、F2Lまでで合計6.5秒くらい、LLで合計3.5秒くらいを目安にすればいいかな?そうするとF2Lをもっと速くしないといけないから、先読みを安定させないとダメだな、などと考察ができますね。

続いて変動係数を比較してみましょう。これを見るとクロスのブレが大きいのがわかりますね。
クロスは初期状態で手数や回しやすさが大きく異なるので変動係数が大きくなるのは必然といえば必然だけど、アンラッキーケースの対応力を上げたりしてもっと安定させたいなとか、LLも同じようなことが言えるなとか、相対的にF2Lはブレが少ないから地力をもっと上げる必要があるな、などと考えていくこともできますね。

こういう風に、一度自分のソルブを客観的な数値によって見つめなおすというのは、タイム向上に有効な手段です。
自己満足という側面もなくはないですが、多少なりとも意味はあるはずです。


今回は以上です。参考になれば幸いです。
スポンサーサイト
01 : 38 : 16 | キューブ情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スピードキューブにおけるタイム運命論 | ホーム | PLLにおける2側面判断について>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://thereishatamuland.blog34.fc2.com/tb.php/304-45ee8e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

HATAMURA

Author:HATAMURA
京都大学在籍。1993年生まれ。
「充実した人生」が目標。
ルービックキューブを始めたのは'07年2月。

公式記録はこちら

解法やテクニックについて知りたい方はこちらへどうぞ。僕も運営に関わっているサイトです。
Cube Voyage

カウンターですがなにか?

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィードだとさ。

友達申請フォームなんかいるのかよ!

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。