スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

【日本大会特集】日本大会の制限時間について

9月にルービックキューブ日本大会が行われます。詳細はこちら↓
http://jrca.cc/modules/eguide/event.php?eid=94
現在は参加申し込みを一旦停止していますが、8/9の9時ごろに40名の追加エントリーを受け付ける予定だそうです。多分これがラストチャンスです。
数時間程度で申し込みが一杯になるかもしれないので、朝一での申し込みをオススメします!


さて、この記事では追加エントリーを検討している人や大会参加経験の少ない人のために、日本大会の申し込みで注意しなければならない「制限時間」について詳しく説明しましょう。

☆用語解説

この記事で使う用語を説明します。

試技……一回一回の計測のことです。
競技……複数回計測する一連の流れのことです。
↑「競技」と「試技」の違いに注意してください!

単発……一回一回の記録のことです。
平均……平均のことです。(これ以上説明しようがない……)

↓競技形式の種類↓
Average of 5……全部でタイムを5回計測し、最速と最遅を除いた3回の平均で順位を競います。
Mean of 3……全部でタイムを3回計測し、3回すべての平均で順位を競います。
Best of 3……全部でタイムを3回計測し、最も速い単発タイムで順位を競います。

DNF……失格、記録なしのことです。最も遅いタイムとしてカウントされます。平均を計算する競技では、計算の中に1個でも単発DNFが含まれていれば、平均はDNFとなります。


☆制限時間の形式

まず、制限時間の形式について説明していきましょう。

制限時間は競技ごとに設定されていますが、それだけでなく「制限時間を超えた場合どうなるのか」という形式が競技によって変わってきます。
自分の参加したい競技の形式をよくチェックしておきましょう。


形式①:soft cutoff

ほとんどの競技がこちらに該当します。
競技がAverage of 5形式の場合、最初の2回の試技のうちどちらかで制限時間より短いタイムで完成させなければ、残り3回の試技を行うことができず、平均はDNFとなります。
ただし、各試技は(タイマーの仕様上の限界である)10分まで試技を行うことができ、制限時間を超えていても試技を打ち切られることはなく、単発記録はすべて残ります。(10分を超えたらDNFとなります)
3回目以降で制限時間を超えても何のペナルティもありません。
(例:制限時間100秒で、1回目が80秒、2回目が120秒でした。1回目で制限時間をクリアしたので、あと3回計測できます。
3回目が250秒、4回目が90秒、5回目が95秒でした。制限時間を超えた2回目と3回目を含め、すべての単発記録が残り、平均タイムも残ります。)

mean of 3形式である6x6x6,7x7x7,3x3x3足部門は、最初の1回で制限時間より短いタイムで完成できなかった場合に、残り2回の試技ができなくなります。
こちらは一発勝負なのでよりシビアです。POPやタイマーミスなどの不測の事態が起こらないよう、細心の注意を払いましょう。

最初の1、2回は必ず記録を残すことができるので、記念参加であればタイムを気にすることは全くありません。ばんばん参加しましょう。
ただし、平均記録を残したい場合は制限時間を切ることが必要になってきます。


形式②:hard cutoff

3x3x3目隠し部門はこちらに該当します。競技形式はbest of 3です。
制限時間を超えた場合、何回目であろうと試技が打ち切りとなり、その試技はDNFとなります。
ただし、どんな場合でも必ず3回試技を行うことができます。


制限時間を超えた時点で肩を叩かれます。ちょっとビックリします。
がんばって制限時間以内に完成させましょう。


形式③④:多分割目隠し、複数目隠し

めんどいので省略。ただ結構特殊なので、参加考えてる人は規約と申し込みページ読んでちゃんと把握しておきましょう。


形式⑤:最少手数部門

制限時間は一律で1時間です。
時間で切られることはありませんが、80手を超えた記録はDNF扱いになるので、80手を切れるように練習しておきましょう。


※これらの形式は「日本大会で採用されている形式」です。他の大会では違う形式のこともありますので、大会ごとに確認しておきましょう。


☆今からでも間に合う!制限時間に勝利しよう!

日本大会当日まであと1ヶ月半です。ここからは、

「日本大会で参加申し込みをしたいけど、あまり練習したことないし、制限時間が切れないかも……」

とお悩みの皆さんのために、

「競技ごとの制限時間がどのくらいのレベルなのか」
「今から練習して、制限時間を切ることができるか」

を書いていきたいと思います。

※あくまで筆者主観です。ご注意ください。


①制限時間が緩い競技

・3x3x3
・2x2x2
・ピラミンクス
・スキューブ
・3x3x3最少手数
は、制限時間がかなり緩いです。
今から練習を始めても、ちゃんとした解法、指使い、回し方を勉強していけば、確実に制限時間はクリアできます。
最少手数競技も、数回練習すれば80手はすぐにクリアできると思います。

参考リンク:新しい競技を始める前に - Cube Voyage


②ちょっと厳しめの競技

・スクエア1
・クロック
は、ちょっと真面目に練習しないと制限時間は切れないかもしれません。でも多分クリアできると思います。
ただクロックはパズルの入手自体がかなりめんどくさいので、今持ってないなら諦めたほうがいいかも……

③かなり厳しい競技

・4x4x4~7x7x7
・3x3x3片手、足
・メガミンクス
は、これまで全く練習したことがない人にはかなり厳しいでしょう。
現時点で3x3x3が20秒くらいの実力があるならば、どれか1つ2つに絞って練習すればなんとかなるとは思いますが。
いま3x3x3が30秒くらいの人は多分無理です。とはいえ、最初も言いましたが最初の1回2回は確実に記録が残るので、平均が残らなくてもよいのであれば気軽に参加しちゃいましょう。


④今からでは無理っぽい競技

・目隠し競技
3x3x3目隠しができない人には、4x4目隠し、5x5目隠し、3x3複数目隠しはまず成功させることすら出来ないでしょう。
3x3目隠しも、今から勉強を初めるというのであれば、揃えることはできても4分を切るのはほぼ無理じゃないでしょうか。
「揃えることはできるぜ」という人なら、みっちり練習すればなんとか4分には間に合うかなと思います。多分割目隠しも何とかいける……かも。
ただ、目隠しの上達は個人差が大きいので何とも言えない部分もありますが。人によっては今から練習してもなんとかなるかもしれません。



☆最後に

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

制限時間について長々と書いてきましたが、最後に制限時間で悩んでいる人のために1つだけアドバイスです。

「制限時間超えたら迷惑かな……」ということは全くありません。タイムが遅くても迷惑にならないために制限時間を設定していますので、そこは制度に甘えてしまって全く問題ないと思います。
全く気にしないのもちょっとアレですが、気にしすぎることはありません。
単純に、大会で良い記録が残せるように頑張ればよい。それだけの話です。
皆さんの参加、お待ちしています。


今回は以上です。
参考になれば幸いです。

スポンサーサイト
22 : 32 : 00 | キューブ情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<管理人が教える!Cube Voyageおすすめコンテンツ | ホーム | F2L Techniques>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://thereishatamuland.blog34.fc2.com/tb.php/310-e989435d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

HATAMURA

Author:HATAMURA
京都大学在籍。1993年生まれ。
「充実した人生」が目標。
ルービックキューブを始めたのは'07年2月。

公式記録はこちら

解法やテクニックについて知りたい方はこちらへどうぞ。僕も運営に関わっているサイトです。
Cube Voyage

カウンターですがなにか?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィードだとさ。

友達申請フォームなんかいるのかよ!

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。