スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

関東記録会のレポートとか感想とか


先日川崎で行われた「関東公式記録会2016春」に参加してきました。
もう2週近く前なのですが…

写真がないので、レポートは簡単に済ませたいと思います。



26日(土)
午前の早いうちから東京にin。
あまり予定を考えてなかったのですが、なんだかんだで国際展示場でやっていたAnimeJapanというイベントと、近くのパナソニックセンター東京(去年?にルービックキューブ関連のイベントがあった所)に行ってみました。
面白かったです(小学生並の感想)

夜は高校時代の友人と飲んでました。
大学の学部を卒業するということで、旧交を温めるのもありかなーと。
詳細は書きませんが非常に楽しかった。

宿なんですが、今回は(1週間以上前に探したにも関わらず)ビジネスホテルが全くといっていいほど空いていなかったので、川崎駅近くのカプセルホテルに泊まりました。
カプセルホテルに泊まるのは初めてで、正直値段も安いしサービスもアレだろうとあまり期待はしていませんでした。実際荷物の管理や他人に気を使ったりなどの面倒臭さは多少ありました。が、大きいお風呂に浸かれるし、寝てしまえば狭さは正直関係ないので、普通にホテルに泊まるより良い所もあるなと思いました。何より安い。
ただ連泊とかになると流石に普通のホテルとった方がいいかなとも思いました。


27日(日)
けっこうギリギリに起床。
朝ごはんを食べて、数分遅刻くらいで会場に入りました。

自分の出場した競技と記録をざっくり書きます。



ピラ…Ave8.57
ゴミでした。スクランブルもむちゃくちゃ難しかった。

スクエア…Ave20.27(PB)
結構いい感じでした。ただ5回目がめちゃくちゃ簡単だったのに引っかかったりしてあまり速くなかったのだけ心残り。あれがミスってなければAveSub20も出ていた。

2…Ave3.89
スクランブルもわりと簡単で、落ち着いて試技ができた感じがします。オルテガだけで今のPB(3.54)が更新できる気がしないし、「そろそろEG-1あたり覚えようかな」とか言い続けてもう数年経つのでいい加減覚えていきたいです。でも多分今年も覚えない。

3…Ave10.12
こちらもスクランブルに助けられた感はあります。まあそれを加味しても今回は1試技しかコケなかったし、かなり上手くやれた方かなと思います。ただこれでもPBには届いてないので、更新を狙うにはもう少し地力を伸ばす必要がありそうです。

4…Ave45.60
こちらも微妙にSub45に届かない状態が長く続いているんですよねー。練習しよ…



競技が終わった後は講習会がありました。
僕も講師として駆り出され、Substepの説明をしました。話した内容はだいたいCube Voyageにも載ってます。見てね!
その後閉会式(ラッキドローでtriboxロゴステッカーもらいました)の後は、個人個人のソルブを見てアドバイスをしたりしました。

夜は平丼、メグミンクス氏、うえしゅうとでサイゼリヤで食事をしました。
マインスイーパとメガミンクスの話が主でした。

そして、その日のうちに新幹線で京都に帰りました。もう少し関東の人々と遊びたかったのですが仕方ない。
何故かというと、次の日から研究室の旅行だったから……まあそういうこともありますよね……(完)



とまあかなり弾丸スケジュール(行き当たりばったりとも言う)な旅行になりました。
たまには関東も行っとかなきゃね。


で、あとは感想というか、大会で思ったことについて書きます。

・記録会という形式について
関東記録会は全競技1ラウンドのみで行われました。時間に余裕ができるので、その分は講習や交流の時間に回されています。
この形式に関してですが、たまにあるのは全然OKというか、むしろ良いと思います。ただ、これがもし毎回とか、大会の基本スタイルになってしまうとしたら、それは反対です。
理由はシンプルに「試技数が少ないから」です。余ってる時間で他の競技とか複数ラウンドとかできるので、そのチャンスがすべて消されるとしたらそれは許容しきれないです。
特に時間の短い競技(2とか)はスクランブル依存が大きく、記録を出すには試技数をこなしてナンボという性質がありますし、それ以外の競技でも少しでも多く試技をしたいという思いは競技者として当然あるので、どうせ大会やるんならラウンド数を多くしてほしいなとは思います。
まあこれは勿論あくまで僕の個人的な意見であり、決して「競技者の総意」とかではないですけど。

・講習会について
講習会で多人数を相手にできることって結構限界があるんですよねー。やる人と受ける人の自己満足で終わってる感じがあって、実際どれくらい身になったかって結構微妙じゃないかなって思ってます。
ただ、ネット上に載ってる情報でも自分で見つけるのって結構難しいので、そういうのを啓蒙するという意味はある程度あるかなと思います。
サイト運営してる身からしたら「サイト読んでから来いや!」っていう思いもなくはないですけど。

・個人レッスンについて
よくやるのは、同じスクランブルで崩して、クロスから順に一緒に揃え方を考えていくというものです。効率悪いことをしようとしているのをその場で指摘したり、僕の考えていることを言ったりしています。
KUbersとかでは結構やってるんですけど、これは本当にめちゃくちゃ効果あります。僕自身がやってることの確認にもなってるし、僕もやってて面白いです。
今度会う機会があったら皆さんぜひ一緒にやりましょう。Rouxの人は逆にいろいろ教えてくれ。

・関東の競技者層について
人数はやはり関東の方が多いですけど、全体的にはまあそんなに関西と変わらないかなと思います。
個人個人が目標に向かって頑張れば全体の底上げにつながると思いますし、それ以上あんまいう事は無いです。

・若い子について
若い子みてて思ったのは、「思考停止で回してるやつ多くね?」っていう事ですかね。
特に若い子にありがちなケースだと思うんですけど、回すのが楽しいからとにかくたくさん回して、勝手にタイムが縮まっていくっていうケースが多いのかなって思いました。
「回すのがとにかく楽しい」っていう気持ちとか、そういう熱ってすごく大事だと思うんですけど、それに任せっきりで手を動かすだけでいたのが理由で思考停止・視野狭窄に陥ってしまって、手順を覚える適切なタイミングを過ぎてしまったり、手癖で回してしまうので変なクセがついたり、工夫することを忘れたりするっていう危険性が高いのかなって思います。
割とありがちなのは、クロスが全然読めてなかったり、手数がむちゃくちゃ多かったり、F2Lでわざわざホームスロットに持ち替えたりとかですかね。
ソルブの効率とか、自分のソルブが固定観念にとらわれていないかとか、もっと考えながらソルブするのが大事だよって言いたいですね。
また、若い子や歴の浅い人がそういうことを自力で考えるのはどうしても難しいので、適切な指導者が居ることが大事だなとも思いました。


以上。


久しぶりに大会レポ書きましたが、やっぱ面白いですね。
まあ今度も気が向いたら書こうと思います。
スポンサーサイト
00 : 09 : 08 | キューブ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<いろいろ競技用パズルレビュー | ホーム | スピードキューブよもやま話⑦ 「Substep」>>
コメント
若い子について
こんにちは、そして初めまして。
今回のブログの若い子についての部分。
よかったぁ、嬉しかった。(^-^)
上級者の方でこの様に思ってくれてる人がいて更に声に出してくれてるなんて。最高です。
私は自分自身が速くなりたい(現在3x3でsub50)よりもキューブを広めたいという思いが強い者なので、端村さんのような速い人が周りを見てくれていることに感動しました。
住んでる所は遠いけど貴方のような方がいることを励みに広められるようにコツコツと頑張ります。
by: まるはち * 2016/05/23 16:23 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://thereishatamuland.blog34.fc2.com/tb.php/322-c554a53a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

HATAMURA

Author:HATAMURA
京都大学在籍。1993年生まれ。
「充実した人生」が目標。
ルービックキューブを始めたのは'07年2月。

公式記録はこちら

解法やテクニックについて知りたい方はこちらへどうぞ。僕も運営に関わっているサイトです。
Cube Voyage

カウンターですがなにか?

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィードだとさ。

友達申請フォームなんかいるのかよ!

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。