FC2ブログ

CubeVoyage更新:初級編(M2Lメソッド)

この記事はルービックキューブ Advent Calendar 15日目の記事です。

ルービックキューブのそろえ方 初級編
 
お待たせしました。ようやく作りました。
 
・理解しやすい、覚えやすい
・上位解法へスムーズに移行できる
・基本的な指使いが身につく
と三拍子そろった素晴らしい解法であるM2Lメソッドを、初心者向けに解説したものとなっております。
 
まっしゅ氏に解法および名前の使用許可をもらったのが今年頭だった気がする。
モチベ頼みの作業はクソ。
社会人になったのでこれからはもう少しコンスタントで計画的な取り組みをしたいです。
 
ちなみに、解法の名前を何かの頭文字を取ってMUSHにするっていうのも考えましたが、頓挫しました。
古い目隠し解法の1つであるTuRBoは"The Ruling/Reigning Blindmethod"の略らしい(Speedsolving.com Wikiより)ので、それにちなんで似たようなのを考えようとしてみたのですが……
Mが"Method of"っていうのは考えたので、残りのUSHを誰か考えてください。
 

 
正直自分としては、あまり初級編って作りたくなかったんですよね……
 
というのも、初級編はルービックキューブを揃えたことがない人が最初に見る場所なので、あらゆる所に細心の注意を払い、誤字脱字やミスリードがないように仕上げなければならず、作るうえでとても気力を消費するのです。
 
また、自分がCube Voyageを運営する上で、維持管理に手間のかかる場所はなるべく作りたくないようにしたい
(「新しい競技を始める前に」から「おすすめキューブ」の欄を消した点や、OLLPLLの表を作るのがだいぶ遅かったり、COLLの表が今もないのもそのため)
というのもあります。特に初心者向けの情報は常に最新でなければならないため、定期的にアップデートが必要になるからです。
 
そして何より、CubeVoyageを立ち上げたかった最初の意図である
「愛好家や上級者の間にしか共有されてない情報への入り口を作る」
という目的に、初級編というのがあまり沿っていなかった、というのが一番大きな要因です。
どっちかというと中上級者向けの情報を主に取り扱いたかったので、あんまり初級編を作ることに対して気持ちが向かなかったのです。
 
 
そういう経緯があって、これまで初級編は作ってこず、外部サイトに丸投げをしていました。
初心者向けだったら今はHPも動画も沢山ありますし……

ですがやっぱりそうもいかないな、と、ここ数年は感じていました。
CubeVoyageというサイトの、日本のキューブ界における立ち位置が思ったより重要なものになってしまい、「CubeVoyageに初級編が無い」という事のデメリットがとても大きなものになってしまっている事。
それから「M2Lメソッド」という、これまでと趣を異にする解法が登場した事。
これらの要因が、初級編を「作らざるを得ない」という動機になりました。



万の言葉を並べる人間より、一つのものを作り上げた人間の方が圧倒的に偉い。
これまでもそう思ってきましたが、大学を卒業し社会に出て、改めてそれを強く感じています。

自分が小学校の時に、ある詩が特別教室に張り出されていました。
「朝がくると」という、まど・みちおさんの詩です。

様々の事情により本文を載せることは差し控えますが、この詩を初めて読んだときに強い感銘を受けたのを、今でも憶えています。
いつか大人になったときの自分は何ができるのだろうと、子供ながらに考えたりしました。



今の世界はモノで溢れていますが、それはすべて、元から存在したわけではありません。
モノは、誰かが作ったからこそ、そこに存在します。
そして社会は、誰かが作ったモノのおかげで成り立っています。
その事実は、当たり前のことではあるのだけれど、とても重いことではないかと思うのです。


何かを作るというのは本当に大変なことで、正直自分もこうやって何かを世に出す度に、むちゃくちゃしんどい思いをしています。
正直、何かを消費したままで人生が終われるなら、それも悪くないと思うくらいには。
でも、自分はそのしんどさを知っているからこそ、世の中にありふれる「モノ」のありがたみを知ることができたのかなと思っています。


現代では、誰かが作ったモノだけでも十分に生きることができます。
自分で何かを作ることはせずとも、そこにあるモノを使って、消費していくだけで、充実した人生を送ることは可能です。

それゆえ、自分がいま手にしている、受け取っているモノが、世界の誰かが作ったということを、人はしばしば忘れてしまいがちです。
というか、今までの人生の中で、一度もそのことに気づいたことがないのではと思ってしまうような人間が、世の中には世代を問わずありふれています。


そういう人たちに対して、自分が憤慨したり、そういう人の考え方を改めようと思っているわけではありません。
ただ、そういう人間を見たときに「自分はこうはならない」と、自分の中で思い返すようにしています。

世の中に何かが「存在する」という事のありがたみを感じながら生きていく。
社会で生きるにあたって、自分はこのことを忘れないようにしたいなと思っています。





つまり俺は偉いということです。ホメて。
あと今日が誕生日なので祝ってください。



スポンサーサイト



15 : 38 : 00 | Cube Voyage関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | Red Bull World Rubik's Cube Championship 日本予選に見る、スピードキューブシーンの今後について>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://thereishatamuland.blog34.fc2.com/tb.php/342-ce0d442f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

HATAMURA

Author:HATAMURA
1993年生まれ。
「充実した人生」が目標。
ルービックキューブを始めたのは'07年2月。

公式記録はこちら

解法やテクニックについて知りたい方はこちらへどうぞ。僕も運営に関わっているサイトです。
Cube Voyage

カウンターですがなにか?

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィードだとさ。

友達申請フォームなんかいるのかよ!

この人とブロともになる